若狭めのう細工

燃え上がる炎のような鮮やかな赤。日本における貴石細工のルーツ。