北陸物語facebook ~今年も旅する蝶に逢いたい!~

北陸物語案内人の若井です。

昨年も紹介しましたが、白山麓に旅する蝶・アサギマダラがやってくる季節が近づいてきました。

アサギマダラとは、南西諸島や台湾などから海を越えて春にやってきて、秋にはまた海を越えて帰って行く、わたりをする蝶で、中には1000キロ、2000キロもの距離を旅するものもいるそうです。

ちなみに、春に北上してくる個体と、秋に南下する個体は別のものなので、つまり、この蝶たちは世代を超え、一生をかけて旅をしていることになります。その理由は定かではないようですが・・・。

さて、その生態には謎が多かったアサギマダラですが、捕獲した蝶の翅に油性マジックペンで場所や年月日などをルールに沿って記入するマーキング調査によって、わたりのルートなど、わかってきたことも多いそうです。実際に、「白山」と書かれた蝶が台湾で見つかったこともあるのだとか。

昨年から、白山市の「道の駅瀬女」の隣の休耕田に、地元の人たちがアサギマダラの大好きなフジバカマを植えて、アサギマダラの休憩スポットを整備しています。それが「アサギマダラ空の駅・白山」です。

9月中旬から下旬にはたくさんのアサギマダラがやってくるそうなので、ぜひ逢いに行ってみてはいかが?

ヒラヒラと優雅に舞う蝶が、海を越えて旅をしているなんて、想像しただけでもロマンを感じます。

アサギマダラ空の駅・白山 Facebookページ
https://www.facebook.com/asagi8936/