北陸物語facebook ~富山湾産ホタルイカは大きくてプリプリ~

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

春に旬を迎える「ホタルイカ」。
ただいまシーズン真っ盛りです。

富山産のホタルイカは定置網で漁獲され、傷みの少ない新鮮な状態で水揚げされます。定置網は沿岸部近くに設置されるため、産卵を迎えたメスだけを捕獲できるそうです。体がプリプリと大きいのが特長です。

鮮魚コーナーで見かける富山産ホタルイカ(ボイル)は、ワタがぎっしり詰まってお腹いっぱいのような姿。ワタの旨味に期待もいっぱい。「富山産」の太鼓判がついたものを、今年は混ぜごはんにしました。
出汁でもう一度煮て、お米を煮汁で炊いて、終盤の蒸らす時間にホタルイカを投入(そのまま炊き込んでもOK)!薬味は定番の生姜のほか、同じく今が旬の三つ葉と山椒の葉を散らします。濃厚なワタを味わいながらの、おこげつきご飯がとても美味しいですよ。

ホタルイカは、春の富山湾の代表的食材で、さまざまにアレンジされて楽しまれます。そのまま炙るだけでも十分美味しく、万能な食材です。

越中とやま食の王国 ホタルイカ
https://shoku-toyama.jp/product/10271/