北陸物語facebook ~一足早く春を届ける「谷崎(たんざき)の桜」~

北陸物語案内人の若井です。

まだちょっと気が早いかもしれませんが、桜の話題を。

兼六園のソメイヨシノがまだ蕾の頃、能登半島の先端近く、珠洲市で満開を迎える桜があります。地元では「谷崎(たんざき)の桜」と呼ばれているこの桜は、海沿いの国道脇に生え、枝ぶりも見事です。景勝地・見附島を望む高台にあり、海を背景にたくさんの花をつける姿はとても絵になります。例年、3月中旬に咲きはじめ、下旬に見頃を迎えます。

品種はオオシマザクラとカンヒザクラがかけ合わされたものらしく、北陸地方でもっとも緯度が高いこの地で、一足早く春爛漫の風景が楽しめるのはちょっと意外かも。ちなみに地元の人たちはこの花が咲くのを今か今かと待ちわびていて、開花するとSNSにたくさんの画像が毎日アップされるようになります。地元ではこの時期、アイドル以上の人気ぶりです。