北陸物語facebook ~寒さが厳しいほど美味しく感じる「かぶら寿司」~

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

北陸三県は、今回の寒気で雪害に見舞われています。交通機関は大幅に乱れ、不要不急の外出は控えるよう注意喚起されています。

さて、暦通り「寒」を実感する今季、キーンと冷えた時にこそ美味しく感じるのは「かぶら寿司」です。冬、かぶらに魚を挟んで、麹と一緒に漬け込みます。寿司というより漬物で、かぶらのシャキシャキとした歯ごたえと、麹でまろやかになった魚の身が、独特の美味しさを作り出します。

日本酒に合わせていただくのも良し、おかずの一品としていただくの良し。正月の挨拶の贈答品にも使われる 北陸の冬の味です。(老舗販売店で通年購入可)

寒さが厳しいほど味がキリリと締まるかぶら寿司。一度お試しください。