北陸物語facebook ~四季折々美しい手取峡谷。雪景色は格別。~

北陸物語案内人の若井です。

日本海側に厳しい寒波がやってきました。幸い、北陸三県の平野部は大した雪にはなりませんでしたが、山間部や奥能登ではたくさんの積雪がありました。

写真は雪が止み、晴れ間ものぞいた21日の白山麓・手取峡谷です。

不老橋の橋上から眺める風景が好きで、国道157号線を走るつい立ち寄り、いろいろな季節の風景を楽しんでいますが、雪景色はひときわ美しいと思います。

この風景は白山手取川ジオパークを代表する景観の一つでもありますね。

白山手取川ジオパークと言えば、今年の10月に悲願だったユネスコ世界ジオパーク国内推薦が決定しました。3回目の挑戦で、ようやく世界への挑戦権を得ることができたことは、うれしいニュースでした。ジオパークって、地球規模に及ぶ地形や地質だけでなく、そこでの暮らしや自然の恵みがもたらしてくれる食文化まで、さまざまな視点からその地域を見つめることができます。北陸には白山手取川以外にも、恐竜渓谷ふくい、立山黒部の3つのジオパークがありますので、ジオパークの視点から北陸の新しい魅力を見つけてみてはいかがでしょうか。