北陸物語facebook ~金沢カレーって食べたことありますか?~

北陸物語案内人の若井です。

全国津々浦々には「B級グルメ」と呼ばれるものがありますね。
北陸では、富山の富山ブラック、高岡コロッケ、石川のハントンライス、金沢カレー、福井のソースカツ丼、ボルガライスなどはご存知の方も多いのではないでしょうか。

そんな中から金沢カレーを紹介しましょう。

一説では「カレーのチャンピオン」の創業者がそのレシピを考案したと言われていて、そのレシピが共有されたことで、同じような特徴をもつカレーを出す店が、50年以上前に石川県に次々にできていったそうです。代表的な店舗がいくつかありますが、金沢カレーという呼び名が使われるようになったのは、実はそれほど古くはないようです。

また、金沢カレーの明確な定義というのはありませんが、カレーの色は黒っぽくてとろみが強いこと、舟形のステンレス製皿に盛られること、フォーク(店によっては先割れスプーン)で食べること、カレーの上にソースがかけられたカツがトッピングされていること、千切りキャベツが添えられていることなどが特徴として挙げられることが多いようです。

熱々カリカリのカツと千切りキャベツ、カレーを口に頬張れば、子どもの頃から慣れ親しんだカレーの味って思う石川県民も多いのではないでしょうか。おいしさもさることながら、コスパも良いので、ガッツリ食べたい時にもおすすめです。