北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 青空の下の純白の立山。積雪量は昨年より多いです。/立山・室堂

青空の下の純白の立山。積雪量は昨年より多いです。/立山・室堂

皆さん、こんにちは。富山県・立山の青木です。

全国的に雪不足のニュースが、連日、流れる中、立山の近況が入ってきました。

室堂へ保守点検のために入ったスタッフが撮影したものです。1月16日に撮影しました。

室堂ターミナル駐車場の積雪データを昨年と比べると、1月13日時点の昨年が450センチ。今年が520センチです。下界の雪不足からは想像できませんが、今年のほうが多いです。
しかし、例年、ここから一気に増えていくので、どうなることでしょうか。手前に屋根が埋もれているのが、立山センターです。

ちなみに、保守点検スタッフは、長野県、大町側から、特別な許可を取り、入りました。立山ロープウエイも点検のため、冬期間も1日1回、動かすので、そのタイミングで入りました。

純白の立山が青空に映えています。
浄土山の頂上に太陽があり、「ダイヤモンド浄土」と言える瞬間でしょうか。

冬期間の保守点検は苦労も多いと思いますが、無人の立山での贅沢な一瞬でした。

一覧ページへ戻る