北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

近江町市場の夏の風物詩 “氷柱”/金沢市

北陸物語案内人の若井です。

月曜に朝、所用があって近江町市場に行ってきました。

夏の風物詩、氷柱がそこかしこに置かれて、涼感を届けています。
この氷柱は8月末頃まで設置される予定だとか。

それにしても、まだ9時過ぎだというのにすごい人。観光客が多いようですが、地元の方と思しき人も結構いました。
マダイやアジ、岩ガキ、野菜は泥付きの加賀レンコンや金時草などの加賀野菜が目を引きます。金沢名物のどじょうの蒲焼きを並べる店もチラホラ。
今はちょっと静かな感じですが、ここに来ると、魚や野菜など、金沢でいま何が旬なのかがわかりますので便利。
その場で食べられるものや、イートインコーナーが観光客に大人気(場内、食べ歩きは禁止なのでよろしくお願いします)。

ちなみに、昼は大行列となる海鮮丼の店も、この時間だとさすがに並ばずには入れることができます。器からこぼれ落ちるような海鮮丼を食べたいと思ったら、朝食するのも手ですね。

9月に入ると待望の底引き網が解禁されて、いっそう活気づきます。

一覧ページへ戻る