北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

“軍艦島”の愛称で人気のある「見附島」/珠洲市

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

珠洲市の海岸にある「見附島(みつけじま)」は、奥能登らしい海の風景で人気があります。高さ28mの岩島は、形が軍艦のようであることから「軍艦島」とも呼ばれています。

この日は奥能登国際芸術祭が開催中で、たくさんの観光客の方で賑わっていました。残念ながら曇り空だったので、海の上に浮かぶ立山連峰は見れませんでしたが、海岸に小さな桜貝の殻が散らばっていました。

今回珠洲で桜貝を拾いましたが、“桜貝”といえば能登外浦、志賀町増穂浦海岸も美しい貝殻が打ち上げられることで有名です。いずれ増穂浦の景色もご紹介できたらと思います。

<奥能登国際芸術祭>
平成29年10月22日(日)まで
石川県珠洲市
詳細HP:http://oku-noto.jp/


一覧ページへ戻る