北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「富山やくぜん」で美味しく健康的に・・・/富山

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

富山は製薬業が盛んな地で、その歴史は古く、17世紀後半に富山藩主前田正甫が製薬を奨励したことに始まります。正甫は「他領商売勝手」を発布し全国への売薬を推進、領内の製薬業の保護と育成に努めるなど、製薬業の繁栄の礎を築きました。厚生労働省の統計では、2015年の医薬品生産額は富山県が首位になるなど、富山の製薬業は現在まで大きく発展してきました。

薬業が盛んな富山では、「富山やくぜん」をキーワードに食文化の普及を推進しています。体に良い食材と富山の食材を使って、美味しく健康的な料理・菓子が富山やくぜんに認定されています。富山駅近くや総曲輪界隈などでいただけますよ。

北陸の旅の食事に薬膳料理、おすすめします。

<富山やくぜん>
詳細HP:http://yakuzen-toyama.com/
認定一覧HP:http://yakuzen-toyama.com/entry/

一覧ページへ戻る