北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「白木峰」から、北アルプスを一望/富山市

北陸物語案内人の若井です。

三連休に富山市八尾町の山奥、岐阜県との県境にある白木峰(標高1596m)に登ってきました。
山頂一帯に草原広がり、池塘(ちとう)が点在する様子はまさに別天地です。
初冠雪の立山や北アルプスの峰々が一望できました。

そこそこ標高の高い山ですが、8合目まで車で上れるため、山頂まではのんびり歩いても1時間弱という手軽さでこの絶景に出会えます。
こんな山はなかなかないでしょう。

駐車場付近の紅葉はまだですが、山頂付近は今が見ごろでした。

北陸には登ってみたくなる山がいっぱいあります。技術や体力にあわせて選べますし、ガイド付きのツアーも各所で行われています。

ちょっと古いですが、「アンノン族」風に、古い街並みを散策したり、日本海の幸を堪能した翌日は、「山ガール」(ボーイも)に変身!! このギャップが楽しめるのも、街と自然の距離が近い北陸旅行の醍醐味といえるでしょう。

一覧ページへ戻る