北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「薬種商の館・金岡邸」、富山の売薬300年の歴史

北陸経済連合会の吉村です。

「薬種商の館・金岡邸」に行ってきました。300年の歴史を有する富山の売薬に関する資料が多数保存展示されています。

お得意さんに先に薬を預けておき、後に使用した分だけの代金をいただく「先用後利」のシステムは、現金収入の少なかった江戸時代、大変喜ばれ、富山の売薬は大いに発展しました。

江戸時代末期より薬種商を営んだ金岡家は、歴代薬種商時代の資本を元に、電力・金融機関をはじめ広い分野に投資し、富山県の産業の育成に大きく貢献しています。

勉強にもなりましたが、なにより「イッカクの角」や「蝉の抜け殻」等、珍しい生薬の原料が面白かったです。「蠍」や「猿の頭」はいささかグロテスクでしたが。係員の方に丁寧に説明してもらえました。

一覧ページへ戻る