北陸物語facebook ~冬の兼六園では花盛り!?~

北陸物語案内人の若井です。

冬真っ盛りですが、兼六園ではさまざまな花を見ることができます。
ひっそりと咲いているものが多く、見逃してしまいがち。じっくりと探してみてください。

ここでは私が見つけた花をいくつか紹介します。

兼六園三名石の1つ・龍石の後ろでは「龍石の椿」が咲き始めています。

龍石の椿

茶店「清水亭」の近くでは「十月桜」の花がちらほら。

十月桜

梅林では早咲きの白梅、紅梅がほころび始めています。

白梅

梅林のある「舟之御亭」のそばでは、花ではありませんが南天が真っ赤な実をたくさんつけて目を引きます。

南天

同じく梅林では、素心蝋梅が満開。遠くからでも目立ち、たくさんの人が思い思いに写真を撮っています。

素心蝋梅

時雨亭近くではサザンカの花が見頃です。

いずれも派手さはありませんが、モノトーンの世界の中でしみじみ味わいたくなる美しさがありますね。

今週末からいよいよライトアップも始まります。
冬の段の日程は以下の通りです。
1月21日(土)~28日(土)、2月3日(金)、4日(土)、10日(金)、11日(土・祝)、17日(金)、18日(土)、23日(木・祝)~25日(土)。

※過去に撮影したものです

冬のライトアップは雪が降ると特に幻想的。ただ、とても冷えますので、万全の防寒をしてお出かけください。