北陸物語facebook ~越前大野市・湧き水の町/ペットボトルの購入で地下水保全に参加できる~

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

福井県大野市は、山地に囲まれた盆地の都市で、金森長親による大野城の建造から約400年間、城下町として栄えてきました。町のいたるところに水が湧く‟湧水地”です。大野の生活文化は水の豊かさとともに受け継がれてきました。

代表的なのが市内中心部にある「お清水(おしょうず)」で、飲料として、冷却として、洗い場として使用されていますが、江戸時代は藩主のお米を炊く際に使われたことから「殿様清水」とも呼ばれているんだとか。こんこんと湧く水は、とても冷たくて清らかです。

観光MAPやHPでは、お清水のほか、たくさんの湧き水スポットを案内しています。

※えちぜんおおの観光ガイド https://www.ono-kankou.jp/first/meisui.php

さらに名水好きな方におすすめは「ミタス(Me+asu)」のサービス。案内所やお店で空のペットボトルを買って、お好みの名水で満たしましょう。収益の一部は地下水保全の取り組みに充てられます。

※えちぜんおおの観光ガイド https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=624