北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 新たな回遊ルートに期待。金沢城鼠多門と鼠多門橋の復元整備。/金沢市

新たな回遊ルートに期待。金沢城鼠多門と鼠多門橋の復元整備。/金沢市

北陸物語案内人の若井です。

石川県が復元整備を進めている金沢城鼠多門(ねずみたもん)と鼠多門橋が先頃、工事の覆いが外されて全貌が見えるようになった聞き、見てきました。

鼠多門は、江戸時代前期に建造、明治17年の焼失したもので、鼠色の壁が特徴。白漆喰の建物が多い中で、ひときわ目を引く存在感ですね。
完成後は門の2階など、中にも入れるようになるみたいなので、楽しみです。

尾山神社とこの門を結ぶ鼠多門橋は、近づくと木のいい香りが漂ってきました。

鼠多門と橋の公開は7月18日(土)を予定していて、ここが完成すると、長町武家屋敷跡〜金沢中央観光案内所(6月19日開所予定)〜尾山神社〜鼠多門〜金沢城公園〜石川門〜兼六園〜本多の森公園(国立工芸館など)をつなぐ、「百万石回遊ルート」がつながります。
金沢観光の新しいゴールデンルートとなります。完成が待ち遠しいですね。

一覧ページへ戻る