北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

涼感たっぷり石川の滝② ◇蔵出し北陸の風景◇

北陸物語案内人の若井です。
過去に撮影した写真で、居ながらに北陸を感じていただく「蔵出し北陸の風景」。
涼感たっぷり北陸の滝めぐり。今回は石川県の滝(その2)をお届けします。
その1では白山麓の滝を紹介しましたが、今回は白山市以外の石川県の滝を集めてみました。
写真で、皆さんの日毎のモヤモヤを、少しでも気持ちよく洗い流せたら幸いです。
 
鶴ヶ滝【加賀市】/鞍掛山の麓にある大小5段の滝。二筋の滝の様が、まるで鶴の足のようであることからこの名前がついたそうです。
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2013/05/31/7475/?fbclid

不動滝【加賀市】/山中温泉の景勝地、鶴仙渓の名物「川床」(現在、短縮営業中)の目の前の滝。落差は小さいですが、優雅な姿は鶴仙渓屈指の人気ポイント。
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2019/03/27/33671/?fbclid

十二ヶ滝【小松市】/国道を少し山に入ったところにあります。落差はさほどありませんが、12条になって川幅いっぱいに落ちる滝は迫力満点です。

鱒溜の滝【小松市】/落差は小さいながら、水量が多く豪快な滝。滝壺まで降りていける階段があり、夏でも涼しくて気持ちいいです。深く水が澄んだ滝壺も印象的。

七つ滝【能美市】/約1kmに渡って7つの滝が連なることから、この名がつきました。上流の6つは400mくらいの間に固まってあり、涼しげな滝を眺めながらの散策は楽しいですよ(写真は最奥部にある一の滝)。

三蛇ヶ滝【金沢市】/医王山県立公園にある滝。落差20m。蛇が体をくねらせるかのうように三段になって落ちています。室生犀星の小説にはしばしば医王山が登場しますが、この滝も「三重の滝」の名前で登場しています。
過去の参考記事 → http://hokuriku-imageup-monogatari.kakubundo.jp/news/2013/06/21/7780/?fbclid

垂水の滝【輪島市】/落差約35m。滝の直下に遊歩道があり、そのワンクッションを経て日本海へと注いでいます。厳冬期は強い海風に煽られて、滝の水が空に上っていくこともしばしばあり、「吹上の滝」とも呼ばれます。
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2013/02/17/5616/?fbclid

男女滝(なめたき)【輪島市】/2本の滝が、時に交わりながら、仲良く落ちる姿がまるで夫婦のようということからこの名がついたそうです。かつては子供たちがここを滑り降りて遊んでいたとも。

桶滝【輪島市】/一風変わった滝が多いのが輪島市。その中でも異彩を放っているのがこの滝。長い歳月をかけて水が岩盤を丸くくりぬき、そこからまるでそこが抜けた桶のように水が流れ出しています。
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2015/06/10/16203/?fbclid

桜滝【輪島市】/輪島市門前町にあり、男滝、女滝の2本の滝の総称が桜滝。男滝(写真)は滝を裏側から見ることができる「裏見の滝」。男滝からさらに山に分け入ったところにあるのが女滝。その距離はわずか数十メートルですが、斜面に刻まれた非常に狭い道をロープにしがみつきながら進み、ちょっとした冒険気分に浸れます。
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2017/09/13/30071/?fbclid

以上、長文を最後までお読みいただき、ありがとうございます!

※visitagain北陸 新型コロナウィルス感染症の流行が収束しましたら、是非北陸にお越しください。

一覧ページへ戻る