北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

涼感たっぷり福井の滝① ◇蔵出し北陸の風景◇

北陸物語案内人の若井です。
過去に撮影した写真で、居ながらに北陸を感じていただく「蔵出し北陸の風景」。
涼感たっぷり北陸の滝めぐり。
お待たせしました福井県(その1)です。
蔵にある写真からのチョイスなので、少々偏りがあるかもしれませんが、個人的な印象としては、福井の滝は豪快さと芸術的な繊細美を持ち合わせたものが多い気がしています。
その代表は龍双ヶ滝ではないでしょうか。
写真で、皆さんの日毎のモヤモヤを、ちょっととでも洗い流せたら嬉しいです。

龍双ヶ滝【池田町】
落差は約60メートル。岩を伝って流れ落ちる水が粒になって、とってもきれい。滝の直下まで行くことができ、夏でも水は冷たく、避暑にやってくる人も多いです。日本の滝百選
過去の参考記事 →https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2014/07/08/13367/?fbclid

甌穴群【池田町】
厳密には滝ではありませんが、龍双ヶ滝の少し下流にあり、石などが長い歳月をかけて岩を丸く削った「甌穴(おうけつ)」が連なっています。水が滝のように流れ込み、渦を巻いている様子は、迫力満点

柳の滝(不動滝)【越前市】
権現山中腹に連なる5つの滝を総称して「柳の滝」と言います。一番麓にあるのが不動滝で、落差はさほどありませんが、大きな岩を流れ落ちる風雅な滝。この近くで生まれたという説がある剣豪・佐々木小次郎がこの滝で剣術の鍛錬をしたという伝説があります
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2016/08/14/23347/?fbclid

柳の滝(布滝)【越前市】
岩の上にレースの生地を広げたかのように流れ落ちるのが布滝。柳の滝を代表する存在。2時間ほどで5つの滝をめぐるハイキングコースもあります

一乗滝【福井市】
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2014/07/03/13285/?fbcld
落差12メートルとそれほど高くはありませんが、水量が豊富で豪快な滝。ここも夏になると、涼を求めて水遊びに興じるファミリーで賑わいます。佐々木小次郎は、この滝で「燕返し」をあみ出したとも。明智光秀にゆかり深い「一乗谷朝倉氏遺跡」はすぐ近く

五太子の滝【福井市】
越前海岸から一歩山に入ると、急に山が深くなり、滝もいくつかありますが、この滝もその一つ。落差20メートルの直瀑が発する轟音は凄まじく、「鳴滝」の別名もあります
過去の参考記事 → https://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2017/04/30/28307/?fbclid

瓜割の滝【若狭町】
滝と言ってもほとんど落差はありませんが、水が冷たくて「瓜が割れる」ほど。名水百選にも選ばれています。ところどころ、川の中の石が赤くなっているところがありますが、非常に珍しい藻が繁殖しているため。途中にある茶屋で食べられる「くずまんじゅう」が美味
過去の参考記事 → http://hokuriku-imageup-monogatari.kakubundo.jp/news/2012/08/22/1847/?fbclid

 
福井の滝(その2)も近日公開予定です。お楽しみに!
 
※visitagain北陸 新型コロナウィルス感染症の流行が収束しましたら、是非北陸にお越しください。
※現在、全国に「緊急事態宣言」が出されています。在宅で北陸物語facebookをお楽しみ頂ければ幸いです。

一覧ページへ戻る