北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

城端で昔から伝わる郷土菓子「がや焼き」/南砺市

北陸物語案内人の若井です。
 
白い砂糖をまとい、見るからに美味しそうなお菓子でしょう。富山県南砺市城端に昔から伝わる郷土菓子で「がや焼き」と言います。
 
これはかやの実をすりつぶしたものと小麦粉を混ぜて丸めて木の実に似せた焼き菓子。
源氏に追われた平家一門が五箇山に逃れたときにかやの実を食したと伝わるそうで、明治時代にかやの実に砂糖をまぶしてお菓子にしたものが始まりみたいです。
 
素朴な味わいで食べだすと止まらなくなりますが、とにかく驚くほど硬いお菓子で、その硬さも木の実を彷彿とさせます。食べすぎると翌日アゴが痛くなりますのでご注意を。
ちなみに歯が弱い方は、口の中に含んで柔らかくしてから食べるといいそうです。
城端のお菓子屋さんで購入できます。

一覧ページへ戻る