北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

北陸のおすすめの紅葉ポイント⑤笹生川/大野市

北陸物語案内人の若井です。

北陸三県のお気に入りの紅葉スポットの紹介。第5弾は福井県大野市の笹生川です。
ここは、かなりの穴場といえる紅葉の名所で、訪れる人も少ない、と思っていましたら、紅葉シーズンに行くと結構紅葉狩りにやってくる人も多く、地元では知られた名所みたい。

大野市街から国道157号線を岐阜県方面に向かい、麻耶姫湖(ここも紅葉の名所です)を過ぎ、麻耶姫湖青少年旅行村の先で分岐して、笹生川に沿って20分ほど車で行けば、笹生川貯水池(ダム湖)に到着します。道中の笹生川沿いのススキと紅葉のコラボも美しいです。

人工物がほとんどないダム湖周辺の山々が錦繍で彩る秋。
湖面にもその紅葉が映って、実に見事です。
人が来ているとは行っても、その絶対数は少ないので、のんびりと静かに紅葉狩りを楽しみたいという人にはここはおすすめです。
ただ、国土交通省の九頭竜川ダム統合管理事務所のWebサイト(下記)を見たら、すでに落葉が始まっているみたいで、ご覧になりたい方は、お急ぎくださいね。
https://www.kkr.mlit.go.jp/kuzuryu/kouyou/index.html
ちなみに、この貯水池に向かう県道はさらに先に進むと九頭竜湖に出ることができますが、道は険しく、よほど山道運転になれた方以外は、この貯水池で引き返すことをおすすめします。

もう一つ、国道157号線といえば、金沢市の繁華街、香林坊とか片町を走っている道。でも、麻耶姫湖青少年旅行村よりさらに先、岐阜県との県境付近に行くと、道は車一台分の幅となり、建物やもちろん、電線さえもない、そんな原野の中を走ります。冬期は通行止めです。
本州にこんな大自然に囲まれた国道があることにちょっと驚きます。おまけのその付近の写真もアップしておきます。この狭い道が国道157号線です。

*写真はすべて2016年に撮影したものです。

一覧ページへ戻る