北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 屋外に設置されたものでは日本一古い銅像「ヤマトタケルノミコト像」/金沢市・兼六園

屋外に設置されたものでは日本一古い銅像「ヤマトタケルノミコト像」/金沢市・兼六園

※本日11/3(祝)は、兼六園の無料開放日です。

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

金沢市兼六園にあるひときわ大きな銅像は「日本武尊像(ヤマトタケルノミコト像)」です。台座を含むと、高さ12メートルもあり、園内を見下ろすように佇んでいます。

この銅像は、屋外に設置されたものでは日本一古いって、ご存じでしたか?
西南戦争の戦死者を弔うために、明治13年に建立されたそうです。なんだかここだけ雰囲気が違うように感じます。

本日11月3日(文化の日)は、無料開放の日です。
また、11月24日(日)まで、「金沢城・兼六園四季物語 秋の段(ライトアップ)」を開催しています。是非お越し下さい。

(ライトアップ期間中、17:00~17:30は退園となります)

・ご参考
金沢城・兼六園四季物語 秋の段(ライトアップ)について
2019年11月24日(日)まで 入園時間 17:30~20:45
公益社団法人石川県観光連盟HP https://www.hot-ishikawa.jp/news/71

一覧ページへ戻る