北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • ベニズワイガニの魅力!身はジューシーで味噌が濃厚!/富山県

ベニズワイガニの魅力!身はジューシーで味噌が濃厚!/富山県

北陸物語案内人の若井です。

もうすぐ9月。9月1日は富山湾のベニズワイガニ解禁日です。
ベニズワイガニは、ズワイガニよりも一足早く解禁を迎え、カニが食べたくてウズウズしていた人には待ちに待った日ですね。

ところで、加能ガニや越前がにとも呼ばれるズワイガニ(本ズワイガニとも)と比べると、ベニズワイガニはイマイチと思っている方も多いかもしれません。
かつては本ズワイガニの代用品として扱われた時代も長くありました。そのため、適当に扱われていたこともあったでしょう。マイナスイメージをお持ちの方は、そんなカニを食べた方かもしれません。

でも、鮮度のいいベニズワイガニを食べてみると、きっとそんな思いは一瞬にして消え去ることでしょう。
水っぽいと思っていた身はジューシューで、身離れがよくて食べやすく、味噌の濃厚な旨みもたまりません。

そして、ベニズワイガニの復権に立ち上がったのが富山県。
富山湾は沖合が急に深くなるため、ズワイガニより深海に生息するベニズワイガニの漁場は、他県に比べるととても近く、鮮度のいいまま届けることができるのです。そんなベニズワイガニは本ズワイガニと比べても遜色ありません!

富山県では「高志の紅がに」と名づけ、ブリ、ホタルイカ、白えびに続く富山湾のブランドとして、PRにも力を入れています。
新湊漁港では、全国でも珍しい昼セリを実施していて、早起きせずとも、一面に敷き詰められたベニズワイガニの紅いじゅうたんを見学することができます。また、近くの「新湊きっときと市場」に行けば、鮮度抜群のベニズワイガニを食べたり、購入したりできますのでおすすめ(昼セリ見学受付もきっときと市場へ)。

ちなみに、ベニズワイガニは本ズワイガニと比べると価格はかなりお手頃と言えます。
ぜひ、本場のベニズワイガニをご賞味ください。

「高志の紅がに」の詳細は下記の「うまさ一番 富山のさかなキャンペーン」事務局のページをご覧ください。
https://www.toyama-sakana.jp/kani/index.html

(写真提供:とやま観光推進機構/昼セリ、とやまの魚フォトライブラリー/高志の紅がに)

一覧ページへ戻る