北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 雨の金澤神社は朱色が映えて鮮やかです。/金沢市・兼六園界隈

雨の金澤神社は朱色が映えて鮮やかです。/金沢市・兼六園界隈

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。
2019年もはやばやと半分が過ぎました。梅雨の季節はもうしばらく続きそうです。

写真は先週末の金澤神社の様子です。
兼六園に隣接したこじんまりとした神社で、雨模様の日には、拝殿や鳥居の朱色がつやつやと鮮やかです。合格祈願で知られるため、受験生に人気の神社ですが、夏越の大祓の時節でもあり、茅の輪くぐりで厄払いをする人が多くおいでました。(茅の輪くぐりは昨日で終了。)

敷地内には地名「金沢」の由来となった泉「金城霊沢」があります。また、藩政時代の一大事業 ‟辰巳用水”の水が届く地点でもあり、土木建築家板屋兵四郎を祀った ‟板屋神社”もあります。「水」にちなんだ名所が多い金澤神社エリアです。兼六園めぐりのちょっとした穴場ですよ。

<金澤神社>
金沢市兼六町1-3
(兼六園に隣接、石川県立美術館側。)

一覧ページへ戻る