北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • これから見頃を迎える ‟北陸の桜” 情報/福井県九頭竜湖・石川富山県倶利伽羅峠

これから見頃を迎える ‟北陸の桜” 情報/福井県九頭竜湖・石川富山県倶利伽羅峠

北陸物語案内人の若井です。

日本気象協会の「桜開花・満開情報」を見て、北陸は、ほとんどが葉桜で「ああ、今年のお花見シーズンも終わりかな・・・」と思っていたら、まだまだ見頃のところもありました。

【福井県】九頭竜湖 ソメイヨシノ 「満開」
https://tenki.jp/sakura/4/21/50244.html

【石川県】倶利伽羅県定公園 ヤエザクラ 「5分咲き」
https://tenki.jp/sakura/4/19/50124.html
   ※いずれも4月26日現在

九頭竜湖(写真)のソメイヨシノは、福井県で最後に咲くことで知られていて、例年ではゴールデンウィークに見頃を迎えるんです。今年はお花見がしたりなかったという方は、ぜひ、九頭竜湖へ!
石川県と富山県県境の倶利伽羅峠(写真)をはじめとした八重桜、兼六園の兼六園菊桜や福桜(写真)など花びらが何百枚もある珍しい菊咲の桜は、4月下旬〜5月上旬くらいに見ごろを迎えるものが多いです。
さらに立山黒部アルペンルートの途中でも見られる高い山に咲くタカネザクラは7月中旬頃まで見ることができ、実はまだまだ桜の花が楽しめるのが北陸なんですよ。

一覧ページへ戻る