北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 北前船北陸物語⑮北前船で財を成した「森家」の様子/富山市岩瀬地区

北前船北陸物語⑮北前船で財を成した「森家」の様子/富山市岩瀬地区

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

富山市東岩瀬町にある「森家」では、北前船で財を成した森家の贅沢な暮らしぶりを観ることができます。

明治11年に建てられた重厚な造りの町家で、足を踏み入れてすぐに北前船の縮小模型が目に入ってきます。畳の半畳を「繁盛」にかけた配置、廊下の敷板をお金が入るよう「入」の字に配置してあったりと、「商売繁盛」とかけて、ところどころに趣向が凝らされていました。天窓や立派な梁、壁の装飾、釘隠しの模様、茶室などは、森家の繁栄を象徴しています。ガイドさんがとても丁寧に説明して下さいました。金庫や船箪笥も残されています。「森家」を見学すれば、財運UPの運を貰えるかも!

北前船による物品のやりとりは、富山の地に独特の食文化をもたらしました。北海道から持ちこまれていた昆布は、かまぼこ・昆布しめ・おにぎりなどに今でも日常的に使われています。例年、政令指定都市別ランキングでは、昆布の消費額は富山市が1位となっています。

<北前船廻船問屋「森家」>
 富山市東岩瀬町108
・とやま観光ナビ
 https://www.info-toyama.com/spot/11032/

<岩瀬の特産物・お土産品>
・一般財団法人岩瀬カナル会館
 http://www.canal.or.jp/butusan/butusan.html

一覧ページへ戻る