北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

北前船北陸物語⑭岩瀬界わいの街並み/富山市

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

富山市の港町 “岩瀬地区” は、江戸期から明治期まで、北前船の寄港地として賑わいました。

馬場家・森家などの豪商を輩出したこの地区は、当時の繁栄を想像させる街並みが続いています。古き良き港町の雰囲気を残していて、老舗料亭や商店が並び、廻船問屋をリノベーションしたガラス工芸品の店などがあります。

街並みを少し離れると、港に面して富山港展望台があります。風変わりな形は、北前船の時代に船員達が安全祈願した”琴平神社”の常夜燈をモチーフとしているためです。階段を上りきれば、今の富山港、日本海、立山連峰を見渡すことができます。

岩瀬地区は富山市北部を運行するポートラムの終着地点です。富岩運河を運航するクルーズ「富岩水上ライン」の終着地点でもあります。乗り物の移動を楽しみながら散策することができますよ。

・とやま観光ナビ 岩瀬まちめぐり
 https://www.info-toyama.com/spot/80026/
・富山ライトレール㈱ ポートラム
 http://www.t-lr.co.jp/index.html
・富岩水上ライン
 (クルーズは冬季期間は運休。春までお待ち下さい。)
 https://fugan-suijo-line.jp/



一覧ページへ戻る