北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • サバ缶ブーム到来中。鯖街道の基点、福井県小浜市のサバ缶。

サバ缶ブーム到来中。鯖街道の基点、福井県小浜市のサバ缶。

北陸物語案内人の若井です。

ここ最近、空前のサバ缶ブームだそうですね。
きっかけは2013年にテレビ番組で「サバ缶を食べると痩せる」と紹介されて以来、女性の人気が高まったことによるとか。
さらに、全国各地にある「ご当地サバ缶」の存在も人気に拍車をかけていると言えそうですね。

さて、北陸でサバと言えば、鯖街道の基点でもある福井県小浜市。以前、小浜市にある丸新のサバ缶をいただいたことがあるのを思い出し、写真を探したらありました(パッケージやセットの内容は今とは違うかもしれません)。

おしゃれなパッケージで、味はいわゆるサバ缶とは全く別物で、高級なサバのお料理を食べている、そんな印象でした(お値段もまあ、普通のサバ缶とは違いますが、笑)。
7~8年前、福井の産物プレゼントに応募して当たったもので、まだブームが起こる前とかなり前となりますが、「サバ缶ってこんなにおいしいんだ」と感動したことを覚えています。

調べると、小浜にはこのほかにも「ご当地サバ缶」の製造元がいくつかあって、それぞれが個性を打ち出してしのぎを削っているようです。いろんな会社のサバ缶を買って帰って、「サバ缶パーティー」なるものを開いても楽しいかもしれませんね。

ただ、写真の「若狭小浜 丸海」をはじめ、人気のため製造が追いつかず、品切れになっているものもあるようです。

一覧ページへ戻る