北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 北陸旅行で買って帰りたい銘菓④「チューリップの球根のお菓子」

北陸旅行で買って帰りたい銘菓④「チューリップの球根のお菓子」

北陸旅行で買って帰りたい銘菓 その4

北陸物語案内人の若井です。

富山県砺波市の名物と言えば、チューリップですよね。
チューリップって眺めて、せいぜい匂いを嗅いで楽しむものと思っていましたが、砺波市にはチューリップの球根を入れた銘菓があると聞いてびっくり!

明治初年に創業した河合菓子舗が作っていて、球根入りは「チューリップ球根菓」と「チューリップ球根パイ」の2つがあります。

球根は、地元の球根農家に頼んで作ってもらっている食用球根。この店の秘伝の蜜につけ、球根の甘さを引き出しているそうです。

今回、「チューリップ球根パイ」を食べてみましたが、密漬けの球根を黄身餡とパイ生地でつつんで焼き上げたもので、中心の球根がいいアクセント!!

それにしても、「富山に行ってきたよ!」ってお土産でアピールしたいとき、これはうってつけ。チューリップの球根が入っていると聞けば、誰もが興味津々で、話題にもなりそう。

他にも、チューリップの花びらをのせた「チューリップの花びら」と言うお菓子もあります。いずれもネーミングがストレートでわかりやすいのがグッド!!

河合菓子舗
http://kawaikashiho.sakura.ne.jp/

一覧ページへ戻る