北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

尼御前SAから岬へ、夕日が美しい。/加賀市・尼御前岬

北陸物語案内人の若井です。

石川県加賀市の尼御前岬は、源頼朝に追われた源義経が奥州に落ちのびる際、同行していた尼御前が、安宅関の取り締まりの厳しさから、足手まといになることを憂えて身を投げたという伝説が残ります。

この岬は、北陸自動車道の福井から金沢方面へ向かう下り線の「尼御前サービスエリア」に隣接し、サービスエリアに車を停め、わずか数分歩けば、写真のような絶景に出あえます。特に夕日は美しく、徐々に沈んでいく太陽を見ていると感動すら覚えます。

ドライブのひと休みに観光までできるなかなか貴重なスポットなのですが、意外と気がつかない人も多いみたい。
北陸自動車道を走ることがありましたら、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

一覧ページへ戻る