北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

樹齢1200年! “五十谷の大スギ”/白山市、堂川上流

北陸物語案内人の若井です。

石川県白山市の大日川の支流、堂川の上流にある五十谷の大スギ(県の天然記念物)を見てきました。
西暦800年頃、諸国行脚の弘法大師がこの地を訪れた時、持っていた杖が根づいたものだという伝説があり、その樹齢およそ1200年と言われています。

1200年前と言ったら、奈良時代の終わりから平安時代の初めころ。そんな時から、ずっとこの風景を見てきたのかと思うと、感慨深いものがあります。

この杉は樹齢からすると恐らく老樹の範疇に入るのかもしれませんが、まだまだ勢い衰えを知らず、樹皮も若々しいです。そして何より、四方に太い幹を伸ばす姿には圧倒されます。

山深い小さな集落の八幡神社の境内にあり、この杉以外にも大きな杉の木が茂る境内は、昼なお暗く、うだるような暑さからも解放されて心地よいです。

(写真の左が五十谷の大スギ)

五十谷の大スギ――白山市観光情報「うらら白山人」観光スポット
http://www.urara-hakusanbito.com/spot/view/312

一覧ページへ戻る