北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 涼を求めて・・・落差50mの迫力「板尾不動滝」/白山市旧河内村地区

涼を求めて・・・落差50mの迫力「板尾不動滝」/白山市旧河内村地区

北陸物語案内人の若井です。

石川県白山市、旧河内村の山の中にある板尾不動滝に行ってきました。

ちょっとわかりにくいところにあるのと、車を降りて歩く10分ほどの山道がなかなか険しいので意外と訪れたことがある人は少ないみたいです。
そのせいか、道がちょっと荒れていて、慎重に歩かないといけません。数年前に行ったときは下にある滝の前の橋が落ちていて、それ以上行くことができず、引き返してきたこともありましたが、新しいきれいな橋が架かっていました。
ただ、その上の小さな橋が朽ちていて、沢の中を歩いて渡ります。わずかな距離ですし、この日は水の流れも穏やかで問題ありませんでしたが、防水のトレッキングシューズか長靴で行くことをおすすめします。

たどり着いた先には落差50メートルという迫力のある滝が。近くに行くと水しぶきがすごく、少しいるだけで体がびしょびしょになります。でも、その代わり、辺りの空気はひんやりしていて、避暑には最高。
ケータイも圏外なので、人間社会からしばらく逃れたいときにもおすすめ。ただし、その分クマさんとか山の生きものに出あう可能性も大なのでご用心を。

もうしばらくすると、オロロという清流にしか生息しない少々厄介な虫が大量発生しますので、行くなら今です。ちなみに、ここでオロロに来襲されて引き返したこともあり、私にとってはなかなかたどり着けない滝なんです。

場所など詳しくは下記のサイトをご覧ください。

板尾不動滝 – 白山手取川ジオパーク
http://hakusan-geo.main.jp/areaintro/site07_01-01.html

一覧ページへ戻る