北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 北前船北陸物語⑨漢字一文字の焼き印が目印 “酒饅頭”/坂井市三国町

北前船北陸物語⑨漢字一文字の焼き印が目印 “酒饅頭”/坂井市三国町

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

福井県坂井市、三国町の名物「酒饅頭」です。
三国町にはいくつかの和菓子屋がありますが、それぞれに酒饅頭を作っていらっしゃいます。三国町の酒饅頭はお酒の風味がしっかりとして、漢字一文字の焼き印が押されています。饅頭がどのお店のものか「長」「扇」「浪」などの文字で分かるのです。

三国町で酒饅頭が盛んに作られてきたのには、江戸期から明治期にかけての北前船の往来に由来するという説があります。船頭が饅頭の材料になる砂糖を運び、作り方を伝授したのだとか。

店のショーケースには立派な箱に詰められた酒饅頭も見え、三国町では普段使いから贈答用にも好まれています。そして・・・、店頭での数個の注文に対し、わざわざ奥に戻り蒸したてを包んでくれるなど、饅頭も心遣いも温かい三国町でした。

一覧ページへ戻る