北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

スカイデッキ“能登ゆめてらす”/のと里山海道

北陸物語案内人の若井です。

能登有料道路が無料化されて、のと里山海道になったのが2013年。もう、5年も経つんですね。

クルマで輪島方面に向かう際、よく利用するのが別所岳サービスエリアです。

ここには、「能登ゆめてらす」というスカイデッキ(展望塔)があり、よく晴れた日は、能登島の先、富山湾越しに立山連峰の雄姿を見ることができます。

先日、寄った時は、かなり霞んでいましたが立山連峰を見ることができました。
これだけ離れたところから見ても迫力があります。

上下線どちらのサービスエリアからも「能登ゆめてらす」に行くことができますが、経路が少々複雑なので、逆走しないようご注意ください(でかい標識があります!)。

そうそう、3年ほど前からここではヤギも飼育されています。人懐っこいヤギたちがドライブ疲れを癒してくれます。

エリア内に売店とレストランがあり、売店では結構レアな能登の物産や名物を売っています。また、レストランは店内もメニューも普通ですけど、食べてみるとその本格ぶりに驚かされます。

実は、ここ別所岳サービスサービスエリアに限らず、のと里山海道のサービスエリアはどこも個性的なところばかり。
ぜひ実際に行って、それぞれの個性を楽しんでください。


一覧ページへ戻る