北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • しっとしとした茶屋街にこだわり派の新しいお店があります/金沢市、にし茶屋街

しっとしとした茶屋街にこだわり派の新しいお店があります/金沢市、にし茶屋街

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

金沢には代表する茶屋街として、ひがし茶屋街・主計(かずえ)町茶屋街・にし茶屋街、3つの茶屋街があります。ひがし茶屋街と主計町茶屋街は共に浅野川近くにあり、兼六園や近江町市場から比較的近いことから、多くの観光客の方が行き来するのを目にします。もうひとつの茶屋街「にし茶屋街」は、片町から犀川大橋を渡って野町広小路交差点を右に折れると入口が見えます。主要観光地から少しだけ離れているせいか、東山・浅野川界隈よりは人の訪れは少ない印象を受けます。

でも、このにし茶屋街には、こだわり派が満足できる、お土産選びにぴったりなお店が点在しているんです。

先ずは定番、茶屋街入口にある老舗落雁屋。ここで金沢のこだわりの落雁・お干菓子をどうぞ。落雁は駅やデパートで買っちゃった方、この茶屋街にはスペイン王室御用達のチョコレート屋もあります。国内では東京丸の内と、大阪梅田と、ここ金沢にのみ店舗展開していて、リッチなチョコレートを味わうことができるんです。でも・・・、チョコレートは食べ尽くしたという方、金沢の甘納豆はいかがでしょう。ここでしか買えない甘納豆で種類豊富な中から選べます。柑橘系の商品もありますよ。
また、そぞろ歩きに疲れたら、茶屋街奥の豆腐店で豆乳ソフトがいただけます。

歩いているとどこからともなく三味線の音色が聴こえてくる茶屋街です。しっとりと茶屋が並ぶ通り沿いに、新しい美味しいお店が増えつつあります。

一覧ページへ戻る