北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 季節を問わず雪を観れる “中谷宇吉郎記念館”/加賀市、柴山潟沿い

季節を問わず雪を観れる “中谷宇吉郎記念館”/加賀市、柴山潟沿い

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

白山ではもう雪が積もりました。加賀市の柴山潟からは白い傘を被った白山が見られます。

ところで、柴山潟沿いにある「中谷宇吉郎 雪の科学館」では、季節を問わず雪を観ることができます。この施設は加賀市出身の物理学者、中谷宇吉郎を記念して建てられました。

中谷宇吉郎は雪の結晶について研究し、人工的に雪を作り出すことに成功しました。館内では「雪」をテーマに実験や展示がされています。著書「『冬の華/雪雑記』、雪は天から送られた手紙」を読むと、宇吉郎がいかに雪に愛着を持ち、純粋な探究心で研究をしたかを窺えます。

さて、申し訳ないのですが、物理的なことに疎い私は、雪のしくみについてあまり理解しないまま拝観しました。それでも「中谷宇吉郎 雪の科学館」にまた訪れたいと思いました。建築が特徴的で斬新であること、柴山潟越しに白山がみられること、併設しているお洒落なカフェで美味しい珈琲をいただけたこと。物理学に長けていなくとも、満喫できる博物館でした。

<中谷宇吉郎 雪の科学館>
住所:加賀市潮津町イ106番地
詳細HP:http://kagashi-ss.co.jp/yuki-mus/yuki_home/

写真:中谷宇吉郎雪の科学館
提供:公益社団法人石川県観光連盟

一覧ページへ戻る