北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

温泉たまごが自由に作れる/石川県和倉温泉

北陸物語案内人の若井です。

北陸屈指の名湯、和倉温泉。
泉温は89.1℃、湧出量1日約2,600トンと、高温で湯量豊富な温泉です。
泉質はナトリウム・カルシウム─塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)で、舐めてみるとしょっぱい、塩分の強い温泉です。
高温、湯量豊富、塩分が高いというこの温泉の良さを生かした楽しみ方のひとつに、「温泉たまご」作りがあります。
卵を70℃くらいの湯で20分ほど加熱すると「温泉たまご」ができます。本来は温泉で作る必要はないのですが、和倉温泉では温泉を使って誰でも作ることができます。
弁天崎公園、湯元の広場、総湯前の3カ所にたまご持込みOKで自由に作れる温泉たまご専用の浴槽があります。かかる時間は15分~30分で、やわらかいのがお好きなら早めに上げると良いでしょう。浴槽は熱いお湯がかけ流しになっていますので、やけどしないようご注意ください。
でき上がった温泉たまごは、浸透圧によりほんのりと塩味がつき、そのままおいしくいただけます(塩分が足りなければ温泉水をかけるといいです)。
温泉に浸かるだけでは飽き足らない方に、ぜひおすすめしたい楽しみ方です。

なお、加熱した温泉たまごは生卵のように日持ちがしなくなりますので、早めに食べるようにしてください。



一覧ページへ戻る