北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

半夏生の日にサバを食べて夏を乗り切る!/大野市

大野市、地域おこし協力隊の清水です。
大野市内が香ばしい香りで包まれる日が近づいてきています!

大野市では、その昔、夏至から数えて11日目の半夏生の日にサバを食べて栄養補給を行うという風習があり、今でも半夏生の日になると、市内の魚屋さんを中心としたお店で丸焼きサバを提供しています。

一匹丸ごとかぶりついて食べるもよし、何人かでシェアして食べるもよし、大根おろしなどを添えて食べるのもおいしいですよ!市民だけでなく観光客の皆さんにも好評の半夏生サバ。

たっぷりと脂ののった丸焼きサバを食べて、今年の夏を乗り切る力を蓄えましょう!
今年の半夏生の日は、7月2日(日)です!

問い合わせ:大野市商工観光振興課  0779-66-1111

一覧ページへ戻る