北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

7月1日は氷室饅頭の日

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

毎年7月1日には石川県では「氷室まんじゅう」と呼ばれる、“白・ピンク・水色”のおまんじゅうを食べる風習があります。

藩政時代、加賀藩は7月1日になると、「氷室小屋」に冬場貯めた雪を取り出し、幕府へ献上していました。
享保年間、五代藩主前田綱紀の時代に、金沢の和菓子屋道願屋彦兵衛が神社にまんじゅうを供え、江戸までの長い道中の無事を願ったことが氷室饅頭の由来とされています。
以来、7月1日に饅頭を食べ無病息災を祈る風習が人々に広まりました。

今の時期、石川県の多くの和菓子屋さんの店頭には氷室まんじゅうが並べられます。梅雨のじめじめした時期に氷室まんじゅうを食べると、なんだか元気がでてきますよ。

<関連行事:氷室開き>
いいね金沢【金沢市役所】facebook:
https://www.facebook.com/CityofKanazawa/photos/a.133347663459910.22498.114879651973378/1215618141899518/?type=3&theater

一覧ページへ戻る