北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • ミネズオウ、ハクサンイチゲが咲き始めました/立山、室堂

ミネズオウ、ハクサンイチゲが咲き始めました/立山、室堂

皆さん、こんにちは。富山県・立山の青木です。

立山、室堂、標高2450mでは、ようやく、みくりが池の湖面が半分ぐらい顔を出し、立山の姿を鏡のように映しだしました。

また、みくりが池の遊歩道周辺では、高山植物も咲き始めました。花が5ミリほどのミネズオウ、ハイマツに白い花が映えるハクサンイチゲが咲きだしました。室堂では、まずこの二つの花が雪解けを歓迎したようです。

ハイマツの下を覗くと、イワカガミが一株だけつぼみをつけたり、ヤマガラシが花を覗かせたりしています。1週間前には開花の様子を感じませんでしたが、ここから一気に季節は進んでゆくのでしょうか。

残雪が多く、室堂ターミナルからみくりが池までは、まだ雪の上を歩く部分があります。冬と春と初夏が混在しているような世界を散策してはいかがでしょうか。




一覧ページへ戻る