北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 古くから愛されてきた“ノハナショウブ”/加賀市、加佐ノ岬周辺

古くから愛されてきた“ノハナショウブ”/加賀市、加佐ノ岬周辺

北陸物語案内人の若井です。

石川県加賀市の加佐ノ岬から福井県敦賀市に至る約100kmの海岸線は「越前加賀海岸国定公園」に指定されています。
そのスタート地点、加佐ノ岬周辺にはノハナショウブの群生地があり、6月中旬から下旬が花の見ごろと聞いて行ってみました。
ノハナショウブは、各地の菖蒲園などで見ごろを迎えているハナショウブの原種で、通常は湿地や湿った草地などに生えることが多いのに、ここでは海沿いの断崖絶壁の上というとても珍しいロケーションに自生しています。ここの地層は凝灰質砂岩の上に砂が堆積しており、その境を雨水などが流れるために湿気が多いノハナショウブが好む環境を作っているからだそうです。
古くから人々に愛されてきたノハナショウブですが、近年急激にその数を減らし、石川県では準絶滅危惧種に指定されるまでになってしまいました。
艶やかさや華やかさでは園芸種のハナショウブに敵いませんが、野生種ならではの力強さと清楚さを兼ねそなえたノハナショウブ。潮風に吹かれ、日本海の青い海をバックに咲く可憐な赤紫の花には心奪われます。いつまでもこの風景が見られるように、見守っていきたいです。

余談ですが、加佐ノ岬は、富士山、御岳山、白山の霊山と、那谷寺を一直線で結んだ直線が日本海に出るところにあって、パワースポットとしても注目されています。
私が訪れた日もたくさんの観光客が訪れていましたが、ノハナショウブに気を留める人はほとんどおらず、もったいないなと感じました。


一覧ページへ戻る