北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

加賀八幡起上り(姫だるま)のお話/金沢市安江八幡宮

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

金沢駅の近く、此花町に「安江八幡宮」があります。
金沢の郷土玩具「加賀八幡起上り(姫だるま)」発祥の神社と言われています。

「加賀八幡起上り」は赤い着物を着た愛らしいだるまです。
昔、八幡宮の氏子であった翁が、八幡大神(祭神応神天皇)が誕生した時の真紅のおくるみ姿に似せた「加賀八幡起上り」を作り、健康や多幸を願って子供達に与えたことが由来とされています。 以来「起上る」という意味もあり、縁起の良い郷土玩具として親しまれてきました。

加賀八幡起上りは今は赤色のほかカラフルにあり、選ぶのに楽しく揃えられています。表情も優しく、縁起物なのでお土産にも喜ばれそうですね。

郷土玩具を継承してきた中島めんやさんでは、加賀八幡起上りの絵付け体験をしています。
<中島めんや 詳細HP>
http://www.nakashimamenya.jp/index.html
安江八幡宮では、たれ眉たれ目の八幡さんに会えます。
<安江八幡宮 詳細HP>
http://www.yasue-hachimangu.or.jp/index.html
また、皆さんご承知の通り、石川県観光PRマスコット「ひゃくまんさん」は、加賀八幡起上りがモチーフとなっています。



一覧ページへ戻る