北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

高岡市のちゃんぽん「うどん&そば」

北陸物語案内人の若井です。

久しぶりのB級グルメネタを。
「ちゃんぽん」といえば、長崎ちゃんぽんを思い浮かべるでしょうが、富山県高岡市で「ちゃんぽん」といえば、高岡駅構内の「今庄」で食べられるうどんとそばが一緒になったもの。ありそうでない、高岡駅の名物としてファンも多いそうです。
名前は2種類以上を混ぜた「ちゃんぽん」が由来なんでしょうね。
うどんを食べようか? そばを食べようか?と悩んだときに、これはいいですね。

ちなみに、射水市には、うどんの汁にラーメンの麺を入れた「かけ中」と、ラーメンのスープにうどんの麺を入れた「うどん中」なるものもあるようです。
そういえば、福井には片面がうどんで片面がそばの2層構造になったうそばという麺もありますね。

恐るべし、北陸のミックス麺文化。

一覧ページへ戻る