北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

宮崎・境海岸、通称「ヒスイ海岸」

北陸物語案内人の若井です。

突然ですが、皆さんは日本の国石って何かご存知でしょうか?

それはヒスイで、2016年に日本鉱物科学会により選定されました。

ヒスイといえば宝石としてよく知られています。日本でも古くから珍重されてきましたが、原石はずっと大陸から持ち込まれたものと思われてきました。
しかし、近代に新潟県糸魚川市でヒスイの原石が発見され、縄文時代から続く世界最古といわれるヒスイ文化が国内に根づいてきたことが分かりました。

ヒスイは世界でもその産地はわずかしかなく、今も昔も希少なものですが、これを拾うことができる海岸が日本にあります。

上流に原産地がある糸魚川市の姫川と青海川の河口周辺と、富山県朝日町の宮崎・境海岸(通称「ヒスイ海岸」)です。
宝石が転がっているなんて夢のような海岸ですよね。

休日ともなるとヒスイを目当て宮崎・境海岸を訪れる人がいっぱい。ヒスイが見つからずとも、宮崎・境海岸にはヒスイ以外にもきれいな石ころがたくさん転がっていますので、のんびりと海岸に腰を下ろしながらお気に入りの石を探してみるのもいいですね。

ちなみに、宮崎・境海岸になぜヒスイが打ち寄せられるのかは、糸魚川から流れ着いたためか、この海岸の沖合にヒスイを含む地層があるためか、2つの説があるそうですが、はっきりしていないそうです。

とっても眺めのいい海岸で、ここから見る夕日もきれいですよ。

一覧ページへ戻る