北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

白山市金劔宮、金運アップ?

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

白山市の旧鶴来町地区にある「金劔宮(きんけんぐう)」をご紹介します。

金劔宮は、古くは「劔(つるぎ)宮」「劒(つるぎ)神社」と呼ばれていて、鶴来町の発生と同時にこの地に鎮斎せられました。

古来より白山七社の一つに数えられ隆盛を極め、また「白山記」「源平盛衰期」などによれば木曽義仲が倶利伽羅谷合戦の大勝を奉謝し、源義経の奉納が「義経記」に記され、尚武の神として崇拝されてきました。

さて、上の説明は金劔宮境内にあったご案内を引用したものですが、実はこのお宮さんは「金運UP!」のパワースポットとして噂高いのです!
天候も悪かったので境内は人少なでしたが、それでも途絶えない程度の参拝客の姿が見られました。金運上がるかも!?

一覧ページへ戻る