北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

白鳥と白山

北陸物語案内人の若井です。

先日、加賀市の片山津温泉近くの白鳥飛来地に行ってきました。
毎年、シベリア方面から越冬のために、はるばる何千キロも飛んでやってくる白鳥たち。
空を飛べる鳥の中では最重量級だそうで、出会うたびに「よくぞ飛んできてくれた」と感動さえ覚えます。

毎年、白鳥の飛来地に行き、「コォ、コォ」という鳴き声を聞くと、「冬が来た」ということを実感します。こんな風に季節を感じることができるのって贅沢かもしれないですね。

夕暮れ時、ねぐらに帰る白鳥と紅く染まった白山のツーショットは、ここでしか見られない絶景です。

来年は酉年。白鳥のように大きな飛躍となる年にしたいですね。そして、白山は開山から1300年を迎える記念の年でもあります。

私の今年の投稿はこれが最後です。今年一年、ご愛読ありがとうございました。
では、皆さん、よいお年をお迎えください。

一覧ページへ戻る