北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

北陸のカニ

北陸物語案内人の若井です。

現地に行かないと食べられないものへの注目が年々高まっています。特に北陸地方は、北陸新幹線金沢開業も手伝って、そんな食材や料理が広く知られるようになりました。

その代表のひとつが、雌のズワイガニ。
福井県ではせいこがに、石川県では香箱(こうばこ)がにと呼ばれ、県外に出回ることはほとんどなく、ずっと地元中心で消費されてきました。雄に比べると小ぶりですが、繊細な味わいと、お腹に抱えたプチプチの外子(卵)と甲羅の中にある内子(未成熟卵)がたまりません。
さらに、資源確保のため、漁期が短く、食べられるのは11月6日の解禁から年内というわずかな期間というのも、人気に拍車をかけているようです。

今だけの旬の味覚に舌鼓を打ちに、北陸へお急ぎください。

一覧ページへ戻る