北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事:高岡御車山祭」

ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事:高岡御車山祭」

北陸イメージアップ推進会議 倫代です。

ユネスコ無形文化遺産への登録がほぼ確実となった「高岡御車山祭の御車山行事」を紹介したいと思います。

高岡御車山祭は、1588年に豊臣秀吉が御陽正天皇と正親町上皇を京都の聚楽第に迎える際に使用した御所車に由来されます。
加賀藩初代藩主前田利家が秀吉の御所車を頂戴し、二代藩主前田利長が1609年に高岡城を築く際に町民に与えられたことから始まり、400年もの歴史があります。

毎年5月1日の祭り当日、獅子頭に先導されて美しく装飾された山車7基が高岡の町を巡行します。
山車「御車山」は御所車に鉾を立てたもので、彫金・漆工など高岡の工芸技術がふんだんに施されひときわ雅やかで華麗な山車です。山車にはそれぞれに趣向が凝らされていて、蝶や鶏などの鉾止めや、愛嬌溢れる唐子のからくり人形、龍や菊模様の車輪など、一基一基が個性に溢れています。

御車山7基が集結した壮大な様子は、商工業都市として発展した高岡の町の富を象徴するようで圧巻です。
(写真提供/高岡市)

一覧ページへ戻る