北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

金沢21世紀美術館「球のオブジェ『まる』」

北陸物語案内人の若井です。

金沢21世紀美術館の開館10周年を記念して新しいオブジェが設置されました。
それが、「球のオブジェ『まる』」で、この美術館を設計した建築家ユニットSANAAがデザインしました。

ステンレスの光輝く球をいくつにも重ねたデザインは、美術館の円形のデザインにも通じ、新たな出会いと開放感を演出しているそうです。

兼六園のライトアップを観た帰りにちょっと寄ってみました。

周囲の光とともにそれぞれの球に写る自分の姿を見て、「これで自撮りをしたら面白い」というのが私のファーストインプレッション。
作者にそんな意図があったかどうかはさておき、朝昼晩、春夏秋冬それぞれで自撮りをしてみたくなる・・・、そんな突拍子のない発想を受け入れてくれるのが現代アートの面白さですね。
「球のオブジェ『まる』」は、金沢21世紀美術館の金沢市役所側にあります。

一覧ページへ戻る