北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

室堂から雷鳥沢にかけて、新しい登山道が整備/立山

皆さん、こんにちは。富山県・立山の青木です。

この夏、室堂から雷鳥沢にかけて、新しい登山道が整備されました。

室堂ターミナルから一の越へ向かう登山道を行くと、室堂山荘を過ぎてすぐに、登山道への入口の案内が設置してあります。さっそく歩いてきました。

歩く人はまだ少なく、静かなトレッキングでした。しばらくは、側溝沿いを歩きますが、これまで眺めたことのない角度から、浄土山や玉殿の岩屋、山崎カールを眺めることができます。

チングルマの花は終わっていましたが、群生する様子が目に浮かびました。この日はモミジカラマツの群生を見ることができました。

花の時期もいいですが、これからの紅葉の時は、このルートが室堂での私の一番のおすすめのコースになりそうです。紅葉が楽しみでなりません。ただし、雨天時は十分注意が必要ですね。新しい登山道の入口から、雷鳥沢まで約1時間のコースでした。

紅葉が始まったら皆さんにも報告します。
お楽しみに。




一覧ページへ戻る