北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

【動画】 日本三大火祭り「向田の火祭」/七尾市

【動画】 日本三大火祭り「向田の火祭」

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

男神と女神の逢瀬の夜に、巨大松明の炎が燃え盛る 
日本三大火祭り「向田の火祭」[7月30日(土)]

能登島「向田の火祭」は、伝説によると、越後の国をつくった伊夜比古神(男神)がこの地を訪れ、恋しい伊夜比咩神(女神)と年に一度の逢瀬を楽しむお祭り。石川県指定無形民族文化財に指定され、約30メートルの松明の大きさから日本三大火祭りの1つと言われています。(諸説あり)

手松明を振りまわして柱松明の周囲を走りまわり、一斉に柱松明をめがけ手松明が投げられ、柱松明は巨大な火柱に。燃え盛る柱松明は、結わえた綱が切れ、火焔がどっと崩れ落ち倒れると、幸運をもたらすという先端の御幣を取ろうと争奪戦となり、祭りはクライマックスに。燃え盛る柱松明は、山側に倒れると豊作、海側に倒れると豊漁になるといわれています。

能登島観光協会 http://www.notojima.org/kouda

一覧ページへ戻る